平成28年度『検査説明・相談のできる臨床検査技師育成講習会』

 平成28年8月20・21日の2日間にかけて、平成28年度検査説明・相談のできる臨床検査技師育成講習会が長崎にっしょうかんにて
 開催されました。
 今年度は20名の方の参加がありました。


    
 
 講演は『患者心理』として題して日赤長崎原爆病院の山口洋子先生、熊本大学病院の池田勝義技師長からは、
 『実践から学ぶ検査説明実例紹介』、佐世保中央病院の横山藤美先生からは、『看護師の患者接遇』と題しての講演がありました。


   

 その後、ジョンソンアンドジョンソンの鈴木孝先生の講演と続き初日は終了しました。
 研修会のあとは、同日開催された新人技師教育研修会に参加された新人技師の方々と一緒に懇親会にて大いに盛り上がりました。

   

   
 
 2日目は、長崎大学病院の宇野直輝先生 、小佐井康介先生による、『検査説明の実際』と題して講演があり、長崎大学病院の長谷川 寛雄先生、
 南惣一郎技師長によるR-CPCと続き各グループにわかれての討論が行われ、最後には丸田会長、佐世保中央病院の安東摩利子技師による
 検査説明・相談の模擬演習と続きました。
  
 『検査説明・相談のできる臨床検査技師育成講習会』は今年度で最後になります。
 研修会にて講師をしてくださった先生方、参加された皆様、スタッフの皆様大変お疲れさまでした。